日ごろの活動紹介ブログ(コンサート・個展)

Fureai Art School Blog

コンサートや個展などの活動やできごとなど、ブログでつづっていきます。不定期になりますがどうぞよろしく。ただし、容量の都合で古いものは順次消していきます。


12月1日(土)綾部市日本基督教団丹陽教会

秋晴れの土曜日、綾部市にある日本基督教団の教会で、西日本豪雨復興支援のためのコンサートを開催しました。

地元の「あやべ市民新聞社」がバックアップしてくださり、当日は市内で沢山のイベントがあったにもかかわらず、20名の方が来場されました。

会場風景です。尖塔のある歴史の古い教会。

あやべ市民新聞社から届いた、素晴らしいお花。

教会で翌週記念会がもたれるとのことでしたので、使っていただくことにしました。

牧師夫人が、ミニバザーを併設しようと思い立たれ、玄関先では掘りたてネギの販売。我が家もいただきました。

「わたしは何の被害にもあわなかったので」と来てくださった98歳のおばあちゃんと一緒に記念撮影。



11月18日(日)名古屋市コープあいちでのコンサート

コープあいちでは2回目のコンサートです。千種区にある「生協文化会館」2階のサロンをお借りしてのコンサート。今年は、「憲法カフェ」との合同企画となりました。

憲法カフェが1時半から2時50分まで。東北震災の体験者のお話や、コープあいちを中心とした市民ネットワークの取り組みなど盛りだくさんのトークのあと、コンサートを聴いていただくというもの。

最後のアンコール「きよしこのよる」では、予想外のハモリングまでできて、最高でした。


10月28日(日)街角コンサート

今日は、ひさしぶりの街角コンサートです。

 

お客様を待つ、エントランス。午後3時。

 

アナウンスが遅れたのもあって、来場者は生徒さん紹介コーナーのNさんも含めて

3人でしたが、しっとりと落ち着いた時間を過ごしました。


10月21日、近江八幡市、近江金田教会でのコンサート

抜けるような快晴の日曜日、近江八幡市にある、キリスト教会【近江金田教会」でコンサートをさせていただきました。

あまりの好天気のためか、お客様は過去最低の5人!

しかし、「教会へきてもいいですか」という方があらわれ、牧師先生と喜び合いました。

これも、教会でコンサートさせていただく意味のひとつです。

お金の収益にまさる贈り物だなと深く感じました。


9月28日(金)~10月3日(水)東京個展でした

いつものように、前夜バスで出発し、当日朝10時から設営をしました。

 

この日は抜けるような青空!

午後からはおなじみになったお客さんが訪ねてくださりまあまあの出だしでした。

 

が、週末日本列島を縦断した台風24号のため、土曜日に予定したオープニングイベントは中止。

翌日は夜8時に電車が止まるとのことで、5時で終了しました。

 

一日平均3,4名という来場数でしたが、中身の或る時間を過ごせたと思います。

今回は、鉛筆素描が好評でした。また、オイルパステル作品も、評価を受けました。

残念ながらお買い上げはありませんでしたが。


9月22日(土)京都府福知山教会コンサート

9月22日(土)午後3時半より、京都府福知山市の日本基督教団福知山教会にて。

今回のコンサートは、7月豪雨被害をうけた方々のために収益を使っていただく目的で開催しました。

会場につくと、墨いろも鮮やかに書かれた大看板!感激でした。

いつも変わらない教会員のみなさんの温かい配慮が随所にいっぱい。お弁当の差し入れまでしていただきました。

数日前に調律師太田さんにとっていただいたリサウンドポイントはすばらしく、みなさんに堪能していただくことができ、ほんとうによかったと思います。

収益15,000円をお渡ししました。

 

コンサート風景はギャラリーにてご覧下さい。


9月10日(月)福知山立正佼成会教会にて

今日は、福知山市の立正佼成会へ。立教80周年とのことで、記念式典と地域の高齢者の方々をお招きしての敬老会。11時より会食、そのあと演奏をさせていただきました。

1時間のプログラムで、前半はスペインものを5曲。後半は、2曲お聴きいただいたあと、日本の歌、歌謡曲を演奏と一緒に歌っていただき、最後に定番の「ザ・ローズ」

アンコールに、「禁じられた遊び」を披露してため息を呼んだまではよかったのですが、サービスの「小話」でネタばれを立て続けにしてしまい、爆笑を買いました。

とても喜んでいただき、こちらのほうが感謝。いただいた謝儀は、7月の水害被害にあわれた会員さんへのお見舞い金としていただくよう、教会にお渡ししました。


8月30日(木)高島市今津教会でのコンサート開きました

当初、24日(金)に予定していましたが、台風20号接近のため、大事をとって延期し

30日(木)に開催しました。

予定変更にも関わらず、準備した座席はほとんど埋まりました。

国の有形文化財である建物のため、扇風機以外の冷房設備がなく、直前に「うちわ」を動員し、

休憩時間には冷たいドリンクのサービスもしながら、楽しんでいただきました。

入場料金計30,000円を終了後にお渡ししました。

 

コンサートの様子はフォトギャラリーに掲載していますのであわせてご覧下さい。


気仙沼「森は海の恋人」を訪問

7月12日夜行で出発し、13日に気仙沼のNPO法人「森は海の恋人」を訪問して、前期のコンサート収益金を支援金としてお渡ししました。写真の処理が遅くなったので、前後しますが、美味しい海の幸をいただき、現地見学させていただきました。

珍味その1  ホタテの刺身

珍味その2 アワビのわた豆腐仕立て

珍味その3 マンボウの刺身!



写真説明が十分でなくてすみませんが、編集者が現地に行っていないのでご勘弁ください。西舞根湾です。写真中3枚は研究所で撮影。

最初の1枚は岸に群れるハゼです。震災前は数千台あった養殖いかだが、震災で壊滅しましたが、やっとここまで復旧してきたとのこと。

これはホタテ養殖のいかだです。運営資金には苦労しておられるとのこと。今回の訪問は大変喜んでくださいました。


7月25日(水)ガーデンmimさんにて

前回でしたか、入れ違いで演奏を聴けなかったご夫婦が来られました。はじまりのご挨拶。

今日は、いつものアストゥリアス(アルベニス作曲)、スペイン舞曲(グラナドス作曲)から入り、カタロニア地方の民謡、映画音楽、日本の歌などで楽しんでいただきました。

演奏スタート。

途中でもうひとり入ってこられ、3人のお客さんを前に演奏。

とにかく暑いので、注文。

ふわふわ感をたのしみながらいただきました。

お訪ねするたびに見つかる、すてきなアイテムのひとつです。

輪切りの丸太に自然木の脚をつけたスツール。



6月30日(土)今津幼稚園フェスティバルにて

高島市にある日本基督教団今津教会会堂にて。この日は、来年度の再開をめざす

幼稚園の、地域のみなさんにも支えられたフェスティバルです。

オープニングの演奏を依頼され、出演しました。どんどん入ってくるお客様を

迎えています。

親子連れの皆さんが圧倒的でしたが、とても協力的。真ん中の「音の通り道」も

ちゃんと開けてくださり、熱心に楽しんでくださいました。

お客様をお迎えするために開始時間がずれましたが、喜んでいただいてよかったです。


6月23日(土)東京コンサート開催

2018年6月23日(土)午後3時より、東京都文京区にあるキリスト教会、「弓町本郷教会」で

念願の東京コンサートを開催しました。

このコンサートは、今年前半期の中心イベントでもあり、最後まで出来ることをし尽くしての取り組み。

雨にもかかわらず、またいつものように前売り券も出さないという状況のなか、友人や教会の関係者、その他合計36名の方が来場されました。

終わってからの感想も「すばらしかった」「感動したよ」「この会堂には弦楽器が本当によく合いますね」など、こちらが感激するような言葉が次々とかけられ、喜びに浸りました。

コンサート写真はフォトギャラリーにて。


6月17日(日)街角コンサート開催

2ヶ月に一度、偶数月に開催している、高島市今津自宅サロンでのコンサートです。今日は5人の方が参加されました。

今回は久しぶりに、「生徒さん紹介コーナー」も作りました。長年ギターを学んでおられるNさんが出演。曲目は、「朱色の塔」

演奏終わって、Nさんをねぎらう谷本です。大きな拍手をもらって、照れくさそうなNさんでした。



5月30日(水) 久しぶりにmimコンサートへ同行!

いつもはパスタ注文するのですが、今日はひさしぶりなのでミックスピザを。半分平らげたところでマスターから「今いるお客さんがそろそろ帰りたいと言われるんで、前倒しできない?」と相談あり。

というわけでいつもより1時間早くライブを始めました。大急ぎで着替えて、今はお客さまとおしゃべりしながら雰囲気づくりをしているところ。リラックスされたのをみはからって、演奏へとはいっていきます。この辺のスキルはさすが、と評価。

演奏、とても喜んでいただきました。

ガーデンmimの癒し系さんたち。いろんなものがあって、見飽きません。このミミズクさんたち、前にはいなかったような気がするなあ。

演奏が終わってから、一組のご夫婦が来られました。演奏を聴きに来られたのがわかったので、事情をお話してお詫び。そのかわりおもいがけないつながりもわかって、次の再会をお約束しました。



福知山市の立正佼成会にてミニコンサート

5月15日(火)福知山市昭和町、立正佼成会福知山教会にてミニコンサートをさせていただきました。

定例の参拝式(というのでしょうか)が終わってから30分ほど、親しみやすい曲目を選んで演奏。禁じられた遊びから始まって、荒城の月や赤とんぼ、古賀メロディーと続くうちに、会場からはハミングも聴かれました。

最後の「いつくしみふかき」では、終了後の支部長さんたちの懇談会で「父の愛唱歌。涙がでました」との声も。

9月10日(月)には、1時間のコンサートをさせていただく予定です。

あらたな繋がりに感謝しながら帰途につきました。



12月10日(日)大津市堅田教会でのコンサート

クリスマスライトアップのイルミネーションが輝く教会堂

この季節ならではの光景ですね。

 

10日には、ウィリアム・メレル・ヴォーリズの設計したこの会堂で

今年最後の「教会堂で聴くクラシックギターコンサート」を開催しました。

 

コンサートの様子は「コンサートフォトギャラリー」で紹介しています。


11月23日(祝)名古屋コンサート

9月に台風で中止となったコンサートをやっと開催できました!

 

お客様のなかには前回会場までお見えになったご夫婦も。

お話を聞いてありがたさで一杯です。

 

最後まで楽しんでくださいました。

(フォトギャラリーは別に掲載しています)


10月17日、京都平安教会での招聘コンサート

京都韓日教会女性交流会という会が、毎年秋に京都市内の教会で開かれています。

 

今年は40回目の開催ということですが

招聘していただいて、約30分間の演奏をしました。

韓国語と日本語を交えながら、演奏。

 

喜んでいただきました。


9月1日、USAからお客様

NYで知り合い、少しの間でしたがギターのレッスンも受けていたユーリ君が2週間の日本旅行にやってきました。我が家には前半、後半合計5泊してくれます。

 

夕食の「スキヤキ」初体験してくつろいでいます。

2日、3日はひとりで京都観光へ。その後東京から京都を再び経由して大阪、そして帰国。

息子みたいで、かわいいです。

おかげさまで忘れかけていた英会話もよみがえってきました。


チェナンサルリム教会でのコンサート

チェナン郊外の静かな場所にたたずむ教会。

27日(日)は、聖日礼拝のプログラムに組んでいただき演奏をしました。

 

今回のメイン目的でもあり、それなりの覚悟と準備で望んだのですが

感動的なコンサートとなりました。

 

片言の韓国語をとても喜んでくださり、鳴り止まない拍手に

演歌「影を慕いて」をサービスしましたら

ご年配の方がたがとても喜んでくださいました。

説明によりますと、この教会は「緑の教会」として認定をうけているのだそうです。

 

聖堂の正面外側には美しいデッキと流れが作られており、コンクリート壁面に十字架がつけられ、聖堂のガラスを通してみることができるという素晴らしいデザインとなっています。

演奏中の風景。

鳴り止まない拍手。


お世話になった先生がた、同行のご夫妻と記念撮影。

教会主任牧師先生と。言葉は分かりませんでしたが、素敵な説教をされる方だと感じました。日本にもしばしばきておられるので日本語もお上手です。

礼拝後の食事会。メニューは、小豆ご飯におかずいろいろ。各自大皿に好きなだけ盛り付けていただきます。



韓国YMCAでのコンサート

土曜日は、朝10時半からチェナンYMCAで演奏させていただきました。

高校1,2年生の少年少女たちが約30名あまり。

 

最初に同行された方の講演、ついで谷本の演奏という順番でした。

 

最初に韓国語で挨拶するとワーーーっと歓声、拍手。

反応の素直さにこちらがびっくりするほど。

嬉しくて、アンコールも5曲サービスしてしまいました。

(下は会場風景です。)

 


韓国への旅2日目

ソウルから新幹線で、目的地チェナン(天安)へ。

 

とにかく近代的でびっくりです。

料金がまた安くてびっくり。

片道1時間半の距離なのですがなんと13,800ウォンでしたか。

考えられない安さ!


こちらは2018ピョンチャンオリンピックの公式ショップ。

ここはぜひ見てほしい、と韓国独立記念館へ。真っ青に晴れた空の下、エントランスへと向かいます。

男性群の記念撮影。

左端が谷本です。

展示はもちろん興味深く、韓国民族の魂のようなものを感じましたが、わたし的にはこのカボチャのアーケードに発想の面白さを感じました。



ここは、広大な庭園のあるカフェ。個人の所有で25億をかけたのだそうです。レトロな雰囲気がとても素敵でした。ドリンク注文すると、カップに入ったミニカステラみたいなお菓子もテーブルにひとつ、ついてきました。

チェナン駅繁華街にあるオブジェ群のひとつです。

こちらもそのひとつ。SHINSEGAEという巨大デパートの前にあります。オーナーの趣味なのだとか。

夕食メニューの中の、「韓国ギョーザ」です。中身は野菜がぎっしり、という感じでした。

韓国料理といえば「焼肉」と思っていましたが、意外と野菜メニューが多いのです。



韓国への旅1日目

8月24日(木)関空を発ち、仁川(インチョン)空港へ。

空港からバスで1時間あまり?終点のミョンドンです。

 

イベントでご一緒する大阪のご夫妻と

昼食後にミョンドンで合流された牧師ご友人ご夫妻も同行して。

 

ここはソウル屈指の繁華街。NYと似た雰囲気で懐かしく感じました。


通りには楽しい店がたくさん。これはポテトチップス。タワーみたいに串刺しで売っています。

カトリックミョンドン(明洞)大聖堂。韓国最初の教区聖堂。奉献は1898年だそうです。当日は曇りで、写真が逆光になってしまいましたが、荘厳な聖堂でした。

1日目の宿舎はキリスト教会館でした。近くのビルに関係書店がありましたが、とてもおしゃれ。一般書中心の書店で奥には「登り窯」の復元モデルが。